新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 開店直後に熊本のイケアのタッチポイントに出かけてみた理由は…


 今朝は10時過ぎにイケアの熊本店に行きました。

少し前に新聞の折り込み広告にイケアの熊本店が改装してカフェが広くなったということでしたのでチェックしてみることにしたのですが、たいして変わりがない感じでした。以前は無かった50円のソフトクリームがラインナップに加わっていましたが、食べ飽きていましたのでスルーしました。

そして朝食としても通用しそうな400円のスープとパンのセットも登場していたので悩みましたが、営業時間中はいつでも食べることができるということでしたので別の機会に試すことにしました。11時までの提供だったらイケアの朝食マニアとしては試してみるしかありませんでしたが。






 熊本最大級のホームセンターに寄ってみました。

宮崎に本社があるハンズマンの大津店でしたが、品揃えが良いので復興工事で忙しいプロまで買物に来ていて賑わっていました。またもうすぐ熊本でも開花宣言が出る時期ですので、園芸売場も苗などた充実していました。

昨年の5月に補修を終えて営業再開した頃は中央に置いてあった噴水が破損して中の水が空っぽになっていましたが、今では何事も無かったかのように水をたたえて稼動していました。復興特需で儲かっているでしょうし、地震から1年になろうとしているので当然ですが。






 ダイレックスの大津店に寄ってみました。

新聞の折り込み広告にあった特売商品目当てだったのですが、農村に近い大津店では野菜や果物は熊本市内の支店より割安なものが並んでいました。その中でもSNSで拡散してもらうのを狙ってなのかイチゴが99円と安かったのですが、熊本産の「さがほのか」というのは違和感がありました。紛らわしいので品種の名前に地名を付けるのは止めるべきでは。






 初めて立野の食べ放題の店を試してみました。

熊本地震で外輪山の山頂部分にあった九州電力のダムが崩壊して国道57号線と阿蘇大橋が押し流されてしまったのですが、それで復旧までは数年かかりそうです。それで迂回路として立野の北側のミルクロードが整備されたのですが、ほとんどの自動車が迂回路を利用するので国道57号線沿いの店は経営が成り立たなくなりました。

そんな中で白川を見下ろす場所にあったファミリー向きの和食店が30分800円の食べ放題メニューで頑張って再生を目指しているということをローカル番組で見かけましたので試してみることにしたのですが、野菜中心ながら美味しくて大満足でした。この画像以外にサラダバーやソフトクリームなどのデザートもありましたし。






 崩落した阿蘇大橋の近くまで行ってみました。

立野病院の裏側の道路の出口辺りで通行止めになっていたのですが、Googleマップではかつて阿蘇大橋があった場所から600mほど西側でした。ちょうどこの先あたりから対岸の南阿蘇村方面に新しい橋が建設されることに決まりましたが、熊本市内からだと少しだけ近くなります。

ちなみに阿蘇大橋を代替するものですから「新阿蘇大橋」とか安直な名前になるかもですが、長くなるのは歓迎できません。阿蘇大橋では大学生が亡くなっていますので、その鎮魂の思いをはせるようなものが良いかもですね。






 この外輪山の崩落現場は私は初めてでした。

道の駅大津の先のミルクロード入口の先に出かけたのは1年以上ぶりでしたので当然ですが、報道では崩落現場といえば阿蘇大橋を押し流した立野地区の崩落現場ばかりでしたので。おそらくこの崩落も2度目の地震で発生したと思いますが、その後の雨と余震で被害が拡大したのでしょう。






 やはり阿蘇大橋近くの店は閉まっていました。

昨年の2度目の地震まではドライブ客で賑わっていた熊本の弁当チェーンですが、1年近く閉まっているのに窓ガラスに「OPEN」という紙が貼ってあるのがカナシイ感じでした。

ドライブ客はやってこないので再開するのはあきらめたのでしょうが、2019年新しい橋が架けられるまで再開するのは無理かもですね。ちなみにここが閉まっているので道路の復旧作業を行っている人たちが弁当や飲み物を買うことができるのは7kmほど手前のファミマの大津吹田店ということになります。






 木造の赤水駅舎はキレイに消え去っていました。

昨年末はまだ駅舎の痕跡が残っていましたが、もうすっかり忘れ去られている感じでした。線路も錆びていましたし、この雰囲気なら映画のロケ地として使えそうです。

国道57号線と共に大量の土砂で押し流されてしまった線路の復旧は2020年くらいになるかもですが、それまでは農村風景をバックに撮影し放題でしょう。






 阿蘇大橋の崩落現場はかなり変わっていました。

半年以上もリモートコントロールの無人車で土砂を運び続けていますので当然でしょうが、以前は確認できなかった2本の土手のようなものができていました。ミルクロードをショートカットするようなトンネルの掘削計画も発表されましたが、おそらく現在の国道57号線も復旧させるのでしょう。

つまり崩れた外輪山の山肌をコンクリート固めて巨大な防砂ダムを建設して大儲けしようとしてる建設業者が自民党の政治家と画策していると思われます。東北の被災地に押し付けた防波堤と同じように景観は無視するのでしょう。






 今日のドライブの目的はこのトンネルでした。

ようやく昨年のクリスマスに改修工事が終わって開通した俵山トンネルでしたが、南阿蘇エリアから空港や熊本市内に行くためには便利になりました。トンネルは昔のように通れるようになりましたが、2つのトンネルを抜けたら急カーブが現れて迂回路に誘導されました。

それはトンネルを抜けた先の数本の橋が地震でダメージを受けていたためでしたが、その迂回路が不要になるのは夏くらいになるのかもしれません。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/03/22(水) 23:59)

<<地震後に通行止めになっていた熊本駅前の橋の現在の様子は… | ホーム | 東京で桜が開花した日に試してみた春ならではの定食は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4027-4f695c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア