新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 被災地の熊本で初めて見かけた復興特需のマイナス面は…


 これは先日の午後に見かけて驚かされた貼紙です。

数年前に国道3号線沿いに進出してきたつけ麺屋が閉まっていたのですが、何をやっても長続きしない物件でしたので「やっぱりダメだったか…」と早合点してしまいました。それからしばらくして新市街アーケードに移転していたことに気がついたのですが、昨年の地震で郊外型の商業施設がなかなか復活できなかったので中心部の客数が増えていたりしますので結果的に良い判断だったのではと考えていました。

しかし大型連休中で稼ぎ時なのにシャッターが閉まっていて、その理由が人手不足だと書いてあったので本当に求人に苦労しているのかと半信半疑でした。南阿蘇の道の駅では大型連休中に観光客数は増えるのに被災した東海大学から学生が消えてしまったのでアルバイトを熊本市内まで送迎しているというニュースがありましたが、中心部でも人手不足が原因で店を閉めることがあるとは信じられない思いでした。






 下通に熊本ラーメンの有名店が開店していました。

熊本駅の近くの二本木に本店がある黒亭の支店でしたが、本店ほどではありませんが行列ができていたので驚かされました。人手不足で閉める店があるかと思えば観光客相手に荒稼ぎする店もあったりと面白いのですが、本格的な復興期となる熊本では数年は混乱が続くことになるのでしょう。






 みやはらでこんな新製品を販売していました。

昭和の高度成長期から熊本ラーメンを家庭で手軽に作ることができることで人気のアベックラーメンを作り続けている五木食品が開発した名古屋風なピリ辛の汁なし麺でしたが、どの程度の完成度かチェックしてみることにしました。

挽き肉やニラは別に用意しなけれならない二人分の商品でしたが、税別で149円と安くはありませんでした。それで材料を揃えると一人分で200円くらいになってしまいそうですが、生麺タイプで電子レンジでも短時間に調理できるということですので手軽で悪くないかもですね。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/06(土) 22:45)

<<大型連休の最終日の午後に熊本現代美術館に出かけてみた理由は… | ホーム | 子供の日に熊本駅前に見たことがない長い行列ができていた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4072-a00b68d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア