新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 福岡と広島の友人に会いに行く途中に見かけたものは…


 熊本は五月晴れでドライブ日和でした。

関空に再来日したシンガポールの友人をピックアップするために早朝から出かけたのですが、しばらく国道3号線を走っていたら見慣れない道の駅がありました。そういえば熊本市内で初めての道の駅がオープンしたとニュースで見たことがありましたが、スイカの生産で有名な植木地区でしたのでネーミングも安直に「植木の里」でした。






 熊本県最北の道の駅で野菜類を少し買い物しました。

国道3号線を熊本に向かって南下する時には割安感があるので立ち寄ることが多いのですが、今日は福岡と広島で友人たちと会う予定でしたので寄り道してみました。もう季節が終わりそうなタケノコや新玉ねぎなどを購入して駐車場に戻る途中でこんな看板を見かけました。「山の中で海鮮丼…?」と疑問でしたが、割安なので人気みたいです。






 これはTSUTAYAの新しいコンセプトの店です。

かつてはホームセンターだったという建物を安っぽくリノベーションしたブックガレージという形態でしたが、蔦家書店がバナナリパブリックとするならGAPやOLD NAVYみたいなディフュージョンバージョンなのかもしれません。

ここにも熊本の田崎市場の支店と同じように倒産して経営再建中の割安感があるピザ屋がありましたが、このエリアの住人は誰も知らないので問題ないのでしょう。






 福岡でも田舎町は田舎っぽい雰囲気でした。

九州エリアでは福岡市は突出して都会的なイメージなのですが、国道をほんの少し入ると水田や畑が広がっています。それでトランプが就任する前に作られたようなTTPに反対する看板があったりしたのですが、それが福岡が都市化する前の昔ながらの姿だと思いました。






 西鉄の千早駅の周辺はかなり変化していました。

以前は空き地だらけでしたが、現在ではマンションが建ち並ぶようになっていました。信号待ちしてる時に新しいビルの工事現場を見かけましたが、どうせチェーン店の居酒屋やファストフードが入居するのでしょう。まったく期待できませんが、とりあえず次回チェックしてみることにします。






 今日のランチはバーガーキングで食べる予定でした。

日本から撤退した過去がありますし、再進出した後も福岡までしか支店が無いので試す機会がありませんでした。10日ほど前にネットでワッパーJrが半額キャンペーン中だということを知って、無性に食べたくなっていました。

天気も良かったのでテイクアウトしてアイランドシティに渡ってから海沿いでいただきましたが、期待し過ぎていたためか美味しく感じませんでした。もしかしたら日本向けにアレンジしているのかもですが、飲み物が少し冷めたコーヒーだったせいもあるのかもしれません。






 沖合のアイランドシティはまだ空き地だらけでした。

高層ビルは2本に増えていましたし、その近くにドーム状のスペースがくっついているテナントビルもできていました。しかし人工島構想が出てきた頃の将来図とはまったく違います。その担当者はもうリタイアされているかもですが、現状をどう思っているのか尋ねてみたいものです。






 イケア新宮店でソフトクリームを食べました。

新しいTSUTAYA和白店をチェックしましたのでイケアに寄り道するか悩んだのですが、3月に青春18きっぷの残りを使って朝食を食べに行った時に1階のビストロが改装工事だったことを思い出したのでチェックしてみることに。

まだリノベーションは終わっていませんでしたが、高齢化社会とライバル店に対応するためにゆったり食事が楽しめるようにテーブルとイスが設置されていました。以前は2階のレストランにしか無かったWi-Fiが1階でも使えるようになっていましたし、ますます便利になるみたいです。






 小倉駅の北側のスタジアムをチェックしてみました。

今年の2月末に関空から青春18きっぷで小倉を通過した時にも車窓から見えたのですが、実際に近くで見ると迫力がありました。サッカーなど大規模なイベントが開催される時には数万人が小倉駅方面から歩いて往復するはずですが、周辺には今のところ新たな動きはありませんでした。






 門司に向かう途中でこんなのを見かけました。

普通にドライブしているだけでは滅多に見かけることがない水素ステーションでしたが、走っていたら唐突に出現しました。まだ熊本ではあまり見かけないのですが、さすがに人口が3倍くらいですので需要があるのでしょう。






 これは門司の古い建物を改装した博物館です。

昭和時代には電電公社の事務所だった建物をリノベーションした「電気通信レトロ館」でしたが、戦前からの古い電信機などが展示してあり興味深いものでした。駐車場やトイレ、そしてWi-Fiもあるので関門トンネルで本州に渡る前に休憩するのに良いのですが、なぜかいつもガラガラです。






 今回は下関やソレーネなどはスルーしました。

下関の市街地に行くと遠回りになりますし、2月末に電車から見た限りでは変化が無さそうでしたし。途中の防府市などは小さな自治体なので余裕がある時にすれば良いですし、ソレーネは進行方向の逆でしたので。

周南市はご無沙汰でしたので国道2号線から右折して市役所方面に寄り道してみたら、「周にゃん市」と笑えないコピーを見かけました。工事中のフェンスが殺風景なのでボケたのかもですが、税金の無駄遣いですよね。






 夕暮れ時に岩国の有名店の前を通りました。

派手な外観で何度もバラエティ番組で紹介されている「いろり山賊」という繁盛店でしたが、今日も駐車場は満車でした。私は何度もこの店の前を通っているのですが、周辺にどんどん増幅していることに驚かされています。






 広島の友人と埋め立て地で待ち合わせしました。

今日の目的はアルパークの近くに新しくオープンした「LECT」というイズミ系列の商標施設でしたが、なかなかの完成度でしたので400kmほど走ってきた甲斐がありました。最近の商標施設としてはかなり良いレベルでしたが、核テナントとして蔦家書店を中央に配していたことが新鮮でした。






 夕食はフードコートで食べることにしました。

友人は私の希望でいくつか候補を用意してくれていたのですが、車で移動するのも面倒でしたので牡蠣めしは次回にすることにしました。それは商業施設のフードコートに坦々麺の老舗の支店があると教えてもらったからでしたが、つい最近にマツコの番組で坦々麺特集を見てそそられたのです。






 もうひとつマシな核テナントがありました。

それはオリジナリティがある商品開発で人気が出ているホームセンターでしたが、この商業施設の周辺の住民にとっては喜ばしいことだと想像できます。広島程度の人口の地方都市にとってこのレベルで充分でしょうし。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/17(水) 23:59)

<<約2年ぶりに行ってみた広島郊外の被災現場で意外だったことは… | ホーム | ヤボ用で出かけた郊外の参道で信号待ちした時に見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4084-8b624955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア