新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝に出かけてみた伊勢神宮の内宮の近くで見かけたものは…


 今朝は早い時間に伊勢神宮に到着しました。

シンガポールの友人を内宮の入口で降ろし、私はしばらく近くの商業エリアをぶらついて待つことにしました。早朝でしたので歩いている人も少なくて悪く無かったのですが、初めて来た時に較べると整備され過ぎている感じがして「金儲けに執着しているのでは…」と将来が不安になりました。






 おかげ横丁にはリアル招き猫がいました。

私のように猫を撮影してSNSに画像をアップする人が多く、その宣伝効果は数値化はできないものの無視できないものになっているのでしょう。観光客が喜んで撮影しているのを商店の皆さんが見かけて、これまで以上に大事にしようと考えられたのかもしれませんね。






 時代の変化なのか、こんな店もできていました。

ちゃんと公式な許諾を得ているのか知りませんが、伊勢神宮は若い観光客も多いのでそれなりに需要はありそうです。カラーを使わない抑えめな大きさの看板でしたので地元でも許容範囲と黙認されているのかもですが、こういったものがエスカレートするとイヤですよね。






 赤福の店頭でこんな凝った表示を見かけました。

店の入口にツバメの巣があって子育ての真っ最中でしたが、年季が入った看板でしたので数年前からツバメを大事にするのでしょう。シンガポール人からしてみると何のメリットも無いツバメの巣は商売の邪魔だと撤去されるだろうということでした。上手く「慈しみ」という言葉を説明できませんでしたが、来日経験が多いので理解してくれたみたいです。






 浦田橋の近くに新しい商業施設ができていました。

水がキレイな五十鈴川に面した場所に「野あそび棚」という低層の和風の施設が作られていたのですが、おかげ横丁と似たコンセプトでかなりの完成度でした。おかげ横丁も五十鈴川を上手く取り込んで活用していましたが、それをさらに借景として利用することに成功していました。






 五十鈴川の対岸では工場が進んでいました。

Googleマップでは「三重県営総合競技場」と表示されましたが、数年後の国体のために新しいスタジアムが整備されているようでした。伊勢神宮から歩いて行ける場所にスタジアムがあったことを初めて知りましたが、国体をきっかけにもっと郊外に移す案もあったのではと思いました。






 伊勢神宮から齋藤宮に初めて行ってみました。

日本人の名前の由来を掘り下げる番組で「斉藤」という姓が三重県だというのを見かけたのですが、その時に齋宮駅前にかつての祭事用の建物が復元されていることを知りました。

その建物の完成度はそれなりでしたが、当時をVRで擬似体験できるように工夫されていたことは悪くありませんでした。






 齋藤宮の屋外模型も見学しておきました。

実物大で再現されたものは現代の建材を使って建てられていますので、どうしても近くで見てしまうとアラの方が見えてしまいます。VRの映像だってリアリティはありませんでしたし、こういった場所ではその歴史を文章で読んで想像するのがベストなのかもしれませんね。

しかし屋外に展示してあった10分の1の模型はかつての祭事用の建物群を俯瞰して見る感じでしたので、適度に想像することもできて悪くありませんでした。






 松坂城跡の近くに御城番屋敷がありました。

かつての城下町の風情を感じさせる通りが残っていたのですが、その歴史的な景観の中で普通に暮らしている方たちがいるという話でしたので興味深いものでした。

その渋い町並みは私は面白かったのですが、シンガポールの友人には物足りなかったようでした。






 四日市で少し食料を買い物をしておきました。

初めての四日市のイオンモールでしたが、敷地内に古い倉庫のようなレンガ作りの建物をリノベーションした飲食店がありました。四日市は工業が盛んなエリアですが、おそらくかつては何かの工場だったのでしょう。






 レゴランドの近くにできた施設に行ってみました。

金城ふ頭駅とレゴランドの間に開発されたメイカーズピアという低層の建物が点在する門前町のような施設でしたが、休日の夕方ということもあって多くのファミリーが楽しそうに歩き回っていました。この手のオープンエアタイプの商業施設はシンガポールにもたくさんありますので興味は無さそうでしたので、友人には車中で待ってもらいました。






 熊本の杉養蜂園も メイカーズピアに出店していました。

名古屋では駅前のKITTEに続いて2店舗目みたいですが、こういったフェスティバルタイプの商業施設の方がイメージに合っていると思えます。芝生の上でハチミツソフトクリームを食べ、そのまま横になって昼寝できますからね。






 16時過ぎに名古屋の友人宅に到着しました。

東京で知り合った古い友人ですが、私のブログを毎日のようにチェックしてくれていてシンガポールの友人の存在もご存知でした。ブログには個人情報を書けないので、メールで補足したりしておきました。今日ようやく紹介できたのですが、すぐに打ち解けてくれました。

名古屋の友人が今夜の夕食用の食材の買い物場所まで運転してくれるというので我々は陽が高いうちからビールを飲めたのですが、遅くなると品切れや混むこともあるかもですので2缶目は我慢して栄地区までドライブしてもらいました。

偶然に今日まで名古屋での「まかないフェス」が開催中だったのですが、昨年の東京会場で試した味仙のまかない丼は品切れでした。それで名古屋城をイメージしたしゃちほこドッグなどを購入しておきました。昨年の東京会場に較べると客数は少なめで、それほど並ぶ必要はありませんでした。






 友人宅に戻る前に大須地区に寄ってもらいました。

去年に外国人用の新幹線乗り放題のジャパンレイルパスでシンガポールの友人は名古屋駅に降りたものの、名古屋の下町である大須地区には行ったことが無いということでしたので。大須観音や米兵などがあるアーケードの周辺をざっくりドライブしてもらいましたが、その途中にあった自動販売機で友人は出汁を購入していました。

ペットボトル入りの出汁はかなり美味との話でしたが、少し高過ぎましたので試してみるのは止めておきました。自動車でしたので買って帰ることは問題なかったのですが、世襲総理の政府にはなるだけ納税したくありませんし。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/21(日) 23:59)

<<早朝に友人宅を出発してチェックしてみた名城公園の新しい施設は… | ホーム | シンガポールの友人と卵かけご飯の朝食を食べて出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4087-7328c008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア