新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 地震が発生した熊本で試すべきだと思う交通体系の理想は…


 熊本は今日も雨が降りそうにありませんでした。

こんな日には混んでる道路より自転車の方が早くて気持ちが良い場合が多いのですが、特に白川沿いに整備された自転車専用道は高低差は少しありますが信号がほとんど無いので快適です。熊本市の中心部では白川は国道3号線とほぼ平行に走っているのですが、朝晩などは混むことが多いのです。






 熊本市の中心部では市電が運行されています。

昨年の地震の直後には線路部分にダメージがあり数日運行が止まりましたが、すぐに復旧しました。地震で被災した熊本市の中央病院が健軍自衛隊の近くの国有地に新築移転することに決まっていたのですが、今日は市電の終点の健軍電停から新しい病院方面に延伸する計画の発表がありました。

その計画はまだ決定では無いみたいですが、私はそんな小手先のものでは人口減少社会に対して有効とはならないと思います。せっかく都市基盤を根本から考え直すことができるので、もっと大胆に熊本の将来を考えるべきだと思います。

例えば市街地が郊外に拡大して邪魔になっている健軍自衛隊を益城町や西原村に移転させ、跡地に熊本県庁と熊本市役所、熊本市民病院、そしてNHKなど中心部にある必要がない施設を集中させると良いでしょう。そして地震の被害が大きかった益城町を熊本市に編入して、市電を益城町の中心まで延伸させると復興のスピードアップが期待できるでしょう。その終点にはパーク&ライドと熊本空港までの無料シャトルバスを組み込めば無駄が少なく観光にも役立つでしょう。

全国ニュースで大きく取り上げられたので益城町の知名度は高いはずですが、被災地復興のために益城町に泊まってくださいというキャンペーンを行って、空港からの無料シャトルバスを益城町の皆さんがおもてなしするゲストハウスや民宿などに送っていけば良いでしょう。さらに宿泊してくれた観光客には市電の無料1日乗車券を配って、電車でアクセスしやすい熊本城や水前寺公園などを手ぶらで観光してもらえば満足度が高まってリピーターの確保にもつながるはずです。






 明日の総選挙に熊本出身の子も出るようです。

その子が出演してるローカル番組の出演者たちが応援していましたが、おそらく熊本以外では知名度も低いので明日の放送では映らないのでは。もちろん私は詳しくないのでベスト16あたりに食い込んでくる逸材なのかもしれませんが。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/06/16(金) 23:46)

<<ヤボ用で空港に行く前にテクノ仮設で見かけた牧歌的なものは… | ホーム | 保守的な熊本でも自民党に対して不信感が高まってきた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4114-f6ee09c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア