新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 被災地から被災地にドライブに出かけてみて考えさせられたことは…


 九州は今日も晴れて暑くなりそうな感じでした。

7月15日までだった博多山笠の見物の途中に朝倉市などの被災地もチェックしてみようと考えていたのですが、予想以上に行方不明者の捜索が長引いたので出かける機会を逸していました。しかし今日と明日は日田市で復興を祈願した祇園祭が行われるということでしたので出かけることにしました。 昨年12月にユネスコの無形文化遺産に登録されたのですが、豪雨被害の影響で観光客は少なそうでしたので。

朝食の準備中にステンレスポットに温かいコーヒーと冷たい麦茶を用意したのですが、それと温泉に入るかもしれませんので着替えやタオルなども車に積み込みました。それで阿蘇方面に出かけたのですが、まずは堤防工事がほとんど完成していた龍田4丁目地区に寄ってみました。

川幅が広げられて堤防が築かれていましたので、豪雨により白川が氾濫する危険性は減少しているようです。しかし半月前の朝倉市と同程度の記録的な雨量だった場合に耐えることができるかは誰も保障できないでしょうか。

行政担当者やゼネコンが喜ぶ税金を使った大規模な堤防工事には限界があるので、上流エリアで雨水枡などに補助金を出して普及率を上げるべきだと思いますが。






 来月オープン予定の商業施設をチェックしました。

福岡に本社があり北海道まで店舗を増やしているブルーがコーポレートカラーのウォルマートを意識していると思えるトライアルというディスカウントストアでしたが、なぜかこれまで熊本には2店舗しかありませんでした。ようやく3店舗目が大津の郊外に8月2日にオープン予定なのですが、地価が安そうなのにそれほど巨大じゃないみたいです。

トライアルのオープニングセールは割安感があるものは少なそうですが、何かのついでにチェックしてみる予定です。






 外輪山のトンネル工事が本格化していました。

昨年の地震で九州電力のダムが決壊したことにより外輪山の大規模に斜面が崩落して国道57号線がダメージを受けたのですが、その修復工事に時間がかかるので迂回するトンネルの工事が進められているようです。

これはその工事現場の横にあったプレハブの事務所ですが、山を切り開いて道路を整備している部分はカーブで撮影できませんでしたのでコレをアップしておきます。






 「日本で最も美しい村」の南小国町にやってきました。

フランスを真似して2005年に7町村でスタートしたのですが、南小国町は初期メンバーだったようです。南小国町にはそのトレードマークをイメージしたような田舎っぽいバス停が点在しているのですが、最近は蕎麦街道というコンセプトで整備が行われているようでした。






 これは熊本県側の被災した宿泊施設です。

福岡県や大分県に較べると熊本県の被害は少なかったのですが、この民宿の手前にあった歩行者用の鉄製の橋が流木により流されたそうです。民宿は裏山が崩れて大量の土砂が台所などに流入してきたようですが、豪雨被害から半月となっていますので落ち着いているみたいでした。






 まずは崩壊した鉄橋を見に行ってみました。

豪雨被害があった初日に何度もニュースで見かけた場所でしたが、すでに周辺の流木や大型ゴミなどは撤去されていました。中央のコンクリート製の支柱は土台の上に置いてあっただけみたいでしたが、最近の楕円形の橋脚と違って円柱でしたのでダメージを受けるのも当然かなと思わせました。






 豆田地区では祭りが盛り上がりつつありました。

鉄橋から川沿いを走っていたら揃いの衣装を着た人たちが山鉾を押しているところでしたが、その画像はネットに溢れているでしょう。それで私はそれを裏側から見たものをアップすることに。皆さんが山鉾に集中していましたので、山ほど積んであった酒を盗もうとすれば簡単そうでした。(笑)






 ランチは初めて日田焼きそばを試してみました。

先々週のTBSの「ジョブチューン」で日本3大焼きそばという特集があり、かなりマイナーな日田焼きそばも紹介されていたのですが、山の中の日田市で具材が貧困そうなのが割高でしたので試そうとは思いませんでした。

しかしゲストたちがわざとらしく美味しいと連呼していましたし、被災後の今回に試さないと死ぬまで日田焼きそばは口にしないだろうと思えました。それでダメ元で注文してみたのですが、自分で作ってみることもできそうなんが650円もしましたので少し後悔しちゃいました。






 初めてこの歴代がありそうな店に入りました。

今日は祭りをやっているためか入場無料という表示がありましたので、2階部分に駐車して試してみることに。日田は人口が少ない小ささ町ですので「たいしたことないだろう…」と予想していたのですが、それは良い意味で裏切られました。






 日田の中央部から小鹿田地区に行ってみることに。

2015年の5月13日に器マニアの友人と買物しに行ったのですが、全国ニュースで川の水流で土を細かく砕く装置がダメージを受けているとのことでした。

標高が高いですから小鹿田焼の窯元は無事だと思えましたが、そこまでのアクセス道路は半月後でも片側通行や迂回路が多くてかなり時間がかかりました。






 やはり集落の水車などは全滅みたいでした。

有田などが効率化を追求して味気ない雰囲気になっているように思えるのですが、小鹿田の里は水力で土をこねて用意した粘土をモーターを使わずに足でろくろを回していたりする窯元もありました。そのものづくりの現場は100年前と変わらない雰囲気でしたが、降り続いた豪雨は頑丈に見えた木製の杵などを根こそぎ破壊してしまったようでした。

小鹿田地区まで対向車はありませんでしたし、観光客用の駐車場もガラガラでした。祭りをやっていた日田でも観光客は少ない感じでしたが、多少は時間がかかりますがアクセスに問題はありませんでした。被災地に募金をすることも悪くないのですが、いちばん良いのは被災地に観光に行くことだと思います。自前で粘土を用意できるようになるまでは少し時間がかかりそうですが、在庫の粘土で今でも器が焼かれていましたので復活は近いのでしょう。






 東峰村ではまだ通れない道路がありました。

焼きものが盛んな地区から無人の信号を5分ほど待って東峰村方面に下りたら、そこには6分待ちの信号がありましたのでガッカリさせられました。その近くでは道路の復旧工事の真っ最中でしたので、自動車から降りて立入禁止の最前線まで行って土砂に埋もれた家などを撮影させてもらいました。






 東峰村から朝倉市への近道は通れませんでした。

ニュースで見かけた松末小学校の前を抜けて行きたかったのですが、東峰村役場の辺りに「この先 全面通行止め」 という看板がありましたので保健福祉センターいずみ館の被災者用のWi-Fiで情報収集しました。しかし最新情報は不明でしたので、とりあえず行ける所まで走ってみることに。地元の軽トラなどはバンバン通っていましたが、よそ者はダメでしたので遠回りするしかありませんでした。






 朝倉のサンライズ杷木に立ち寄ってみました。

ニュースで朝倉の道の駅が復活して、近隣の農家が収穫したものを販売再開できるようになって喜んでいるという話がありました。それで私も野菜を買おうと思ったのですが、地元産のものが少なかったので困りました。それでソフトクリームでもと思ったら、断水中で販売していませんでした。






 朝倉市の中心部は片側通行で渋滞していました。

ニュースで何度も見かけていた和菓子屋の周辺でしたが、もう山ほど流れ着いていた流木は撤去されていました。この場所は坂の上の溜池が決壊して被害が拡大していたようですが、その溜池の近くまでは自動車では行けませんでした。






 比良松中学校は危険な感じになっていました。

最初にニュースで見かけた時にはこれほどでは無かったのですが、このままでは川の方に崩れてしまいそうでした。梅雨明けはしましたし、これ以上の侵食を防ぐための土嚢も積んでありましたので地震が起きなければ大丈夫かもですが。






 三連水車の周辺はキレイになっていました。

一昨日くらいに水路に重機が投入されて流木の撤去作業が行われていたのですが、もう小さな枝くらいしか残っていませんでした。もちろん山から流れてきた細かい土砂はたっぷりと残っていましたが、三連水車はダメージが無いようでしたので来月にはまた平和に回り続けるかもしれません。






 熊本県の道の駅には間に合いませんでした。

新鮮な野菜が割安なので国道3号線を通る時には必ず立ち寄るのですが、東峰村から近道を通れなかったので予定が狂ってしまったのです。それで閉店時間には間に合いませんでしたが、休憩コーナーのWi-Fiは使えましたのでメールとニュースのチェックさせてもらいました。






 山鹿のさくら湯の真横で屋台を見かけました。

日田で無料解放されていた温泉に入らなかったので山鹿の屋台で何か食べて久しぶりにさくら湯に入ることも考えたのですが、早くビールを飲みたかったので寄り道せずに帰ることにしました。山鹿から植木方面に南下していたら激しい夕立が降りはじめましたが、寄り道せずに正解でした。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/22(土) 23:59)

<<被災地へのドライブから戻ってからテレビを見て考えたことは… | ホーム | 熊本が今夏はじめての猛暑日になったランチに試してみた料理は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4150-47229c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア